スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しました

 1年ぶりのブログ更新。平成25年10月よりちろりん村村長の傍ら、隣町のI市社協・成年後見センターでの勤務の後隣村M地域包括支援センターの勤務を経て、今年の4月より別の隣村のN地域包括支援センターでの勤務が始まった。目まぐるしいような変遷だが、一環して社会福祉士として権利擁護を軸足に置いた活動の場を与えて貰っている。この間の1年半は、それまでとは比べ物にならないほどの実践の場の連続であった。

 社会福祉士の資格取得のための2年間の通信教育、その後3年間の社会福祉士会その他での研修などを経て、定年を機に信州駒ケ根へ移住し独立事務所設立、成年後見受任を目指して地元での営業活動を行ってきた。それまでの6年、それは謂わば準備期間であったであろう。そしてその後の1年半であるが、1回の実践が100回の研修より遥かに重く深いということを実感した。

 今後しばらくはN地域包括支援センターでの勤務が続きそうである。じっくりと取り組んでみたいと思っている。ここでの大きなテーまは地域包括ケアシステムの確立。それは成年後見制度を学び始めた当時、「たった一人の被後見人のその人らしい生き方とはなにかということに向き合えば向き合うほど、それは地域の改革へと向かうはずである」ということを学んだが、それと行先は同じではないだろうか。

 これまでは平日は全て勤務であったが、ちろりん村の仕事も増えてきたので、4月からの勤務は週3日とさせて頂いた。従って残り2日は村長の業務、土日は農業や木こり、そしてせっかく信州に来たのだからまだまだ見て回りたいところが無数にあり、そこを気ままに巡ってみたいとも思っている。じっくりな時間ときままな時間とのバランスを取りながら、行きつく先にどんな風景が待ち受けているか、楽しみに歩いていこう。

  
スポンサーサイト

金色の日の出

 快晴の朝今しがた、中央アルプスに朝日が差し込んでいた。ここからは見えないが、東に位置する南アルプスに昇る太陽が、西にそびえる中央アルプスに光りの矢を射こんでいる。7時0分、宝剣岳山頂が金色に光りはじめ、数分の間に宝剣の下に広がる千畳敷一帯を黄金に染めていった。

 今日は日曜日。久し振りにゆっくりした時間が流れている。これから先週の3連休に山から切り出した木を、薪ストーブ用のサイズに薪割をしよう。


_1201110_縮小版
       午前7時0分




_1201115_縮小版
       午前7時2分

年末の大雪

 今年も後2日だ。昨日は社協の仕事納め、夕刻より降り出した雪で一夜明けたちろりん村は銀世界。白く目映い光の中、ちろりん村の回りを久し振りに散策した。まったく久し振りである。ブログの更新も久し振りである。社協に勤め始めて慌ただしく時間が過ぎていた。

 この慌ただしさの中、初めて受任した後見のご本人が他界された。認知症の奥さん一人を伴い、ご本人が入院されていた病室で臨終に立ち会った。お亡くなりになった後も葬儀などの手配は自分がするしかない。半年のお付き合いではあったが、時に触れお尋ねした時にお声をかけると笑顔を返して頂いた、その笑顔が忘れられない。年は越して頂けるかと思っていたが、急な病変だった。95年の人生の最後に立ち会ったことになる。

 来年はどのような1年になるのだろうか。また多くの人たちに巡り合うことだろう、そしてまたお見送りする人もいるだろう。そして掛け替えのない時間を共にしたことを思いながら、あっという間にまた訪れた年の瀬に、来年はどんな年になるだろうと、思いを巡らせるのだろう。

 それにしても目映いばかりのちろりん村の風景である。


     _C291077 縮小版
      銀世界の朝


     _C291073 縮小版
      外にでようか、どうしよう

シャキョウへ

先月の10月より、隣町の伊那市社会福祉協議会で臨時職員として勤務することになった。地域福祉係とそこに併設されている成年後見センターでの業務である。日常生活自立支援事業と成年後見制度に関係する業務が多くを占める。のみならず地域の福祉活動を支援する業務も特定地区を担当して携わることになる。成年後見の業務はある程度の経験は積んできたが、それ以外は初めての経験である。

 勤務を開始して半月が経つが、その業務の多さと必要とされる一つ一つの業務の細やかさには正直驚いている。が、利用者の方々が生活していく上で大切な部分に係わっている業務である以上、それは当たり前のことでもある。どんなに時間に忙殺されていようとも、その瞬間瞬間はその利用者にとっては今しかない大切な時である。神経を集中させて、かつ穏やかにゆったりと接すべきである、と自戒する毎日である。

 思えば不思議なことではある。7年前、初めて福祉の世界に接したとき、初めて聞いたことばの意味が分からなかった。それは、「シャキョウ」。ちょうどその時期、自分の悪筆をなんとかしようと写経を毎日の日課にしていた頃である。その言葉を聞いて、その日課を連想してしまうしかなかった。その「シャキョウ」に勤めることになろうとは。

 勤務の契約期間は1年間である。あっという間に過ぎ去ってしまうだろう。そのあっという間の短い時間に、出来得る限りの経験を積んでみよう。そして少しでも何かを、貴重な経験の場を提供頂いた「シャキョウ」さんに置き土産として残したいものである。

雑誌「現場主義」2号発刊

 雑誌「現場主義」第2号が発刊された。2012年1月の創刊号発刊以来8ヶ月後の2号発刊である。独立型社会福祉士実践全国研究集会が9月29日・30日に開催され、それに合わせて準備をしてきた。創刊号では定価設定をせず協賛金をお願いする形で次号継続の資金を蓄積してきた。第2号からは定価を800円と設定し、売上金による事業の継続を図って行くことにした。

 同研究集会では何冊買って頂けるか、例年参加者が300人位だからせめて100冊は、との期待で当日の発売日を迎えた。会場入り口前にノボリ旗と大きなポスターを掲げ、来場者にチラシを配り購入を呼びかけた。創刊号では全員に配本したので、300冊近くが捌けたが、定価800円となると飛ぶようにとは行かない。それでも2号を待って下さった方も多く、順調に売れ行きを伸ばしていった。

 全国でまだまだ少数ながらも、地域に拘り自立性を保ち利用者本位の姿勢を貫きながら、決して地域から孤立することなく連携の輪を広げて活躍している仲間が確実に存在している。今回の全国研究集会でも、それを確信する仲間からの実践報告がなされた。ややもすると我々は独立型を孤立型と揶揄されるような一面もないではない。研究集会でもそのことが自省を込めて言及される場面もあった。しかし、社会や地域と対峙することを覚悟しながら、それでも柔軟にしなやかに地域関係者と連携を築いてきた仲間が大勢いる。大きな刺激と今後の道しるべを得た大会であったと思う。

 集会を終え自宅に戻り実績結果を集計。果たして売上は如何に、目標の冊数はクリアーできたのか。

     目標100冊に対し、売上冊数103冊!!!!!

 お求め頂いた皆様に心より感謝申し上げます。まだまだこれから全国の多くの仲間や、社会福祉士のことをご存じないかたまでも含めてこの雑誌を手に取って読んで頂き、社会福祉士が如何に地域に根差した活動をしているか、しようとしているか、したいと念願しているか、それをご理解いただきたいと思いつつ、売上を記録する領収書の綴りを何度も繰っているところである。

 ご購読を希望される方は、
 ①氏名、②送付・請求先(Tel/Faxも)、③冊数を明記の上、下記の者まで
  <北海道・東北担当> 岡田 Fax 0428-23-5575
  <関東担当> 阿藤 Fax 046-254-9161 麓 FAX 0429-78-1249
  <東京担当> 田村 E-mail tamu@mpd.biglobe.ne.jp
  <中部日本担当> 衛藤 E-mail shiro-eto@nifty.com
  <その他> 宮秋 E-mail gongqiu_0722@yahoo.co.jp 



     img003_convert_20121001165024.jpg
       現場主義 第2号



 
プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。