スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ご無沙汰しました

 1年ぶりのブログ更新。平成25年10月よりちろりん村村長の傍ら、隣町のI市社協・成年後見センターでの勤務の後隣村M地域包括支援センターの勤務を経て、今年の4月より別の隣村のN地域包括支援センターでの勤務が始まった。目まぐるしいような変遷だが、一環して社会福祉士として権利擁護を軸足に置いた活動の場を与えて貰っている。この間の1年半は、それまでとは比べ物にならないほどの実践の場の連続であった。

 社会福祉士の資格取得のための2年間の通信教育、その後3年間の社会福祉士会その他での研修などを経て、定年を機に信州駒ケ根へ移住し独立事務所設立、成年後見受任を目指して地元での営業活動を行ってきた。それまでの6年、それは謂わば準備期間であったであろう。そしてその後の1年半であるが、1回の実践が100回の研修より遥かに重く深いということを実感した。

 今後しばらくはN地域包括支援センターでの勤務が続きそうである。じっくりと取り組んでみたいと思っている。ここでの大きなテーまは地域包括ケアシステムの確立。それは成年後見制度を学び始めた当時、「たった一人の被後見人のその人らしい生き方とはなにかということに向き合えば向き合うほど、それは地域の改革へと向かうはずである」ということを学んだが、それと行先は同じではないだろうか。

 これまでは平日は全て勤務であったが、ちろりん村の仕事も増えてきたので、4月からの勤務は週3日とさせて頂いた。従って残り2日は村長の業務、土日は農業や木こり、そしてせっかく信州に来たのだからまだまだ見て回りたいところが無数にあり、そこを気ままに巡ってみたいとも思っている。じっくりな時間ときままな時間とのバランスを取りながら、行きつく先にどんな風景が待ち受けているか、楽しみに歩いていこう。

  
スポンサーサイト

金色の日の出

 快晴の朝今しがた、中央アルプスに朝日が差し込んでいた。ここからは見えないが、東に位置する南アルプスに昇る太陽が、西にそびえる中央アルプスに光りの矢を射こんでいる。7時0分、宝剣岳山頂が金色に光りはじめ、数分の間に宝剣の下に広がる千畳敷一帯を黄金に染めていった。

 今日は日曜日。久し振りにゆっくりした時間が流れている。これから先週の3連休に山から切り出した木を、薪ストーブ用のサイズに薪割をしよう。


_1201110_縮小版
       午前7時0分




_1201115_縮小版
       午前7時2分

年末の大雪

 今年も後2日だ。昨日は社協の仕事納め、夕刻より降り出した雪で一夜明けたちろりん村は銀世界。白く目映い光の中、ちろりん村の回りを久し振りに散策した。まったく久し振りである。ブログの更新も久し振りである。社協に勤め始めて慌ただしく時間が過ぎていた。

 この慌ただしさの中、初めて受任した後見のご本人が他界された。認知症の奥さん一人を伴い、ご本人が入院されていた病室で臨終に立ち会った。お亡くなりになった後も葬儀などの手配は自分がするしかない。半年のお付き合いではあったが、時に触れお尋ねした時にお声をかけると笑顔を返して頂いた、その笑顔が忘れられない。年は越して頂けるかと思っていたが、急な病変だった。95年の人生の最後に立ち会ったことになる。

 来年はどのような1年になるのだろうか。また多くの人たちに巡り合うことだろう、そしてまたお見送りする人もいるだろう。そして掛け替えのない時間を共にしたことを思いながら、あっという間にまた訪れた年の瀬に、来年はどんな年になるだろうと、思いを巡らせるのだろう。

 それにしても目映いばかりのちろりん村の風景である。


     _C291077 縮小版
      銀世界の朝


     _C291073 縮小版
      外にでようか、どうしよう

夕焼け小焼け

 畑の野菜への水遣りと草取り作業を小一時間ほど妻と二人で過ごした。域内の有線放送から6時を告げる唱歌が流れ、辺りが薄暗くなりかけてきたことに気付く。夕焼け小焼けで日が暮れて・・・・・・、放送の唱歌は辺りの田んぼや林や森の起伏にこだまして、輪唱のように響き渡ってくる。そろそろ家に帰ろう。

 軽トラックに作業道具を積み込み帰る道すがら、西の辺りが赤く染まっていることに気付く。有線放送の曲そのままの夕焼けである。夕日は既に中央アルプスの向こうに沈み、峰々の上にたなびく雲を燃え立たせその余韻を残そうとしているようだ。

 先日草掻きをした田んぼの傍を通ると、薄闇に沈みつつその稜線から炎を噴き上げているようなアルプスが水面に映っている。普段のままの風景に違いないが、ここでしか見ることのできない普段着の景色である。




     P6050996 縮小版
       燃え立つ夕雲


     P6050993 縮小版
       田んぼに映る夕日

事務所スペースの確保

 今年度も後1日を残すのみとなった。昨年の大震災直後に駒ケ根に引っ越してきて1年が過ぎた。新たな年度を前にして今事務所の設置に向け、最後の仕上げの最中である。4月1日をオープン記念日にしようと準備をしてきたが、少しずれ込みそうである。昨年7月に事務所開業をして自宅の自分の部屋を事務所としてきたが、やはり仕事場は自宅外に設ける方がいい。それで、敷地内にあるログハウス・・・ではあるが6畳一間の物置小屋・・・を改装し、お客様を迎えるのに失礼のない最小限の空間にしようと作業を行ってきた。その仕上げの最終段階という訳である。

 ログ材そのものは築15年以上になるのでペンキの塗り替えをし、室内は天井に断熱材を入れ天井板で覆った。目玉はウッドデッキの改装、これはお客様を迎えるエントランスであり玄関に通じる大切な顔である。今までは物置小屋だったので、手すりなどの飾りはなく平ぺったい台そのままであった。この台の周囲に太い丸太材を加工して手摺と階段を据え付けた。手摺は長椅子としても使えるようにしてある。直径25センチの丸太材であり、小屋のログは直径10センチの細いものなので、事務所棟よりウッドデッキの方が立派である。

 最後の仕上げは看板である。無垢の1枚板に手彫りで事務所名を彫刻する積りであり、その板材をどれにするか、昨日も製材所を回って物色してきた。大体大きさとデザインは決めてある。手彫りでどの程度時間が掛かるか分からないので、オープン日はそれに合わせて決める。出来れば桜が満開になる4月中旬頃にしたいと思っている。

 事務所と言っても都会のオフィスのような感覚では全くない。近所のおじいちゃんやおばあちゃん、犬の散歩に通りかかる近所の方々、巡回の合間に近くを通りかかる福祉関連事業所のスタッフの方々、等々、ちょっと立ち寄ってウッドデッキでお茶かコーヒーを飲みながら話ができるといいなあと想像している。アルプスが四季折々の顔を見せてくれるだろう。
プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。