スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

春爛漫

 全国で最も有名な桜の名所の一つ、高遠の桜が満開を迎えた。ここ駒ケ根やその周辺も、あちらこちらで桜が見ごろである。先週金曜日、所用があり妻と二人で飯田市まで出かけたついでに、途中桜の名所と言われるところを梯子しながらゆっくり軽トラでドライブをした。天竜川を挟んでその両側に点在する桜スポットを縫うように、ポカポカ陽気に揺られながら、やっと訪れた春の香を楽しんだ。

 田園の中の道を気の向くままにハンドルを切ると、ガイドブックには載っていないが到る所に桜の花の一叢が、まだ新芽を出していない梢の合間に浮き上がって揺れている。農家の庭先、庚申塚の袂、田んぼのあぜ道の脇、杉の林に囲まれた雑木林の一角、桜はうす桃色をその淡く一瞬の時が故に、ひときわ鮮やかにその香を浮かび上がらせている。残雪を抱いたアルプスの白い稜線ですら、己を着飾らせる羽衣のように背景の一つとして従えているようである。

 昨年ここ駒ケ根に引っ越してきて初めて見た桜は、あの大震災と津波の映像に蹂躪されかき消されてしまった。それは今見る桜となんら変わりのないものだったに違いないが、同じその桜を去年愛でた思いは薄い。来た早々南相馬市から避難してきた方々の相談支援に携わることになり、飯田市の避難所に通う道々で同じ桜を見たはずだが、あまり記憶に無い。

 また季節は巡り、また桜は咲く。その桜を来年はどのような思いで見ているだろう。東北福島でも桜の開花宣言が出されたとのニュースを聞いた。いつもと変わらずいつものように、穏やかに咲く桜を穏やかに見ることのできることがいかに尊いものか、恐らくこれから開花するであろうボランティアで訪れた陸前高田に咲く桜を見る人たちに思いを馳せる。

 
     _4210910_縮小版
      村の一隅に立つ枝垂れ桜


     _4210918_縮小版
      大草城跡公園の桜        
スポンサーサイト
プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。