スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

3職能団体連携成年後見学習会発足

 上伊那地区でも関連職能団体連携の成年後見学習会がスタートすることになった。先日司法書士会リーガルサポート、弁護士会、社会福祉士会にて指導的役割を担っておられる方々に集まって頂き、学習会の大枠について打ち合わせを行った。以前からこの地区でもその必要性が議論され検討されていたが、実際にスタートするには裏方を担う方々の意志の共有が必要である。今回呼びかけに応じて下さった各会の方々は、それぞれの立場で権利擁護活動に長年携わってこられている。その経験と見識がこの一つの学習会で研鑽を深め合い、地域で期待される社会資源の一つに育っていけたらいう思いを共有することができたと思う。

 学習会の大枠を確認し、初回学習会の段取りを決めた。以下の通りでまずはスタートすることになった。
     
     学習会名 上伊那地区成年後見連携学習会
     日時   9月15日(土)  15:30~17:00
     場所   伊那市福祉まちづくりセンター(伊那市山寺298-1)
     テーマ  成年後見に関する事例検討

 打ち合わせの後、駅前の焼き鳥屋「昭和軒」で懇親会を持った。花金の夕方とあって6時過ぎには店内は満席。人気店とは聞いていたが、予約無しでは多人数での席の確保は難しい。味は、評判以上であった。伊那市内の駅前の焼き鳥屋で、地域の権利擁護活動の中心的役割を担っておられる方々と酒を酌み交わす、美味しいお酒であった。今後定例の連携学習会の後持つであろう懇親会で、もっと多くの仲間ともっと美味しいお酒を、・・・・・・楽しみである。

スポンサーサイト

成年後見審判確定 受任1件目

 先日私が後見人候補者となっていた成年後見申立の審判が確定したため、審判確定証明書の入手のため家庭裁判所に出向いた。開業1年目にして初めての受任である。初回報告までの期限は1ヶ月、それまでにやれることは早め早めに処理しよう。

 早速金融機関に届出手続きその他の確認のため家裁訪問後の足で立ち寄った。関係金融機関は全部で4か所あり、今日はそのうち農協とゆうちょ銀行の2ヶ所訪問。審判確定証明書で受付はスムーズに進んだ。数年前までは金融機関での成年後見に関する対応がまちまちで、その対処に苦労したという話を先輩諸氏より聞いていたが、金融機関での制度の浸透が進んでいるのを実感した。

 後日ご本人宅にてご本人夫妻と、市職員、ケアマネジャー、介護提供サービス事業所担当者が集まり、今後の支援に関しケア会議を持つことにしている。またその場でご本人の財産をお預かりすることになる。これまで奥さんがご本人の財産も含めて一家のことをてきぱきと管理されてこられたが、今後は私にご本人のことを託すということになる。奥さんの役割意識を損なうことなく、ご本人や奥さんの希望を十分に汲み取り後見事務の基本方針を確認しようと思っている。まずはご本人と奥さんからの信頼を得ることが重要である。

 

夕焼け小焼け

 畑の野菜への水遣りと草取り作業を小一時間ほど妻と二人で過ごした。域内の有線放送から6時を告げる唱歌が流れ、辺りが薄暗くなりかけてきたことに気付く。夕焼け小焼けで日が暮れて・・・・・・、放送の唱歌は辺りの田んぼや林や森の起伏にこだまして、輪唱のように響き渡ってくる。そろそろ家に帰ろう。

 軽トラックに作業道具を積み込み帰る道すがら、西の辺りが赤く染まっていることに気付く。有線放送の曲そのままの夕焼けである。夕日は既に中央アルプスの向こうに沈み、峰々の上にたなびく雲を燃え立たせその余韻を残そうとしているようだ。

 先日草掻きをした田んぼの傍を通ると、薄闇に沈みつつその稜線から炎を噴き上げているようなアルプスが水面に映っている。普段のままの風景に違いないが、ここでしか見ることのできない普段着の景色である。




     P6050996 縮小版
       燃え立つ夕雲


     P6050993 縮小版
       田んぼに映る夕日
プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。