スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

年末の大雪

 今年も後2日だ。昨日は社協の仕事納め、夕刻より降り出した雪で一夜明けたちろりん村は銀世界。白く目映い光の中、ちろりん村の回りを久し振りに散策した。まったく久し振りである。ブログの更新も久し振りである。社協に勤め始めて慌ただしく時間が過ぎていた。

 この慌ただしさの中、初めて受任した後見のご本人が他界された。認知症の奥さん一人を伴い、ご本人が入院されていた病室で臨終に立ち会った。お亡くなりになった後も葬儀などの手配は自分がするしかない。半年のお付き合いではあったが、時に触れお尋ねした時にお声をかけると笑顔を返して頂いた、その笑顔が忘れられない。年は越して頂けるかと思っていたが、急な病変だった。95年の人生の最後に立ち会ったことになる。

 来年はどのような1年になるのだろうか。また多くの人たちに巡り合うことだろう、そしてまたお見送りする人もいるだろう。そして掛け替えのない時間を共にしたことを思いながら、あっという間にまた訪れた年の瀬に、来年はどんな年になるだろうと、思いを巡らせるのだろう。

 それにしても目映いばかりのちろりん村の風景である。


     _C291077 縮小版
      銀世界の朝


     _C291073 縮小版
      外にでようか、どうしよう
スポンサーサイト
プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。