スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

60の手習い

それこそ60の手習い、今年の9月から書道教室に通い出した。中学卒業以来の墨と筆との出会いである。ことの初めはO氏夫妻。O氏夫妻とは、ここ駒ケ根に土地を探し始めたころに知り合った。10年以上のIターン田舎暮らしの大先輩である。慣れない土地でのこと、いろいろと教えて頂いている。

 ちろりん村から車で約5分、駒ケ根市と伊那市との境界に位置するところに火山峠という峠がある。そこの村の公民館で30年近く続いている書道教室に、O氏が通っている。O氏夫妻宅でお茶をご馳走になっているとき、私の悪筆のことが話題になり、それで同じ悪筆故に書道教室に通っているというO氏に誘われた。以前写経を1か月ほどで挫折してしまったこともあり、60の手習いをやってみようという気になった。

 教室の先生は、伊那谷でも有数の大寺である安楽寺の和尚さんである。頭全体が見事に光り輝く温厚なその風貌からは、私と同じ位のお歳とは思えない風格が漂う。初日にいきなり大きな半紙に「小窓半夜青燈雨幽樹一庭黄葉秋」と書かれ、お手本として渡された。これを稽古しなさいということである。え?! 自分の名前さえ満足に筆で書けないのに? 最初は一とか十とかの基本を何度も書かされると思っていたのに、いきなり? 教室の皆さんは、黙々として墨をすり、同じように先生から頂いたお手本を稽古している。私も、モクモクと向かうことになってしまった。

 それから2週間後の2回目の稽古日、またもやいきなりである。「村で秋の文化祭があり、そこにみんなが書を出展するので、清書してもってくるように」。 え??? 私の書が衆目に晒される? この悪筆が!! まだ稽古2日目、残された日にちはあと半月、なんでこうなるの? などと言っている暇などない。家に帰ってからも、モクモクと稽古した。

 文化祭当日、表装された我が作品は、展示室の一角に掲げられていた。それも、書道教室歴何年という諸先輩方の作品に囲まれて。朝から多くの近在の方々が公民館広場に集まり、老いも若きも秋の日差しを楽しんでいる。幸いなことに、文化祭の目玉は手作り蕎麦と焼き鳥にお酒。皆さん花より、いや書より団子。お酒に酔ったご近所さんは、車座での話に夢中である。展示室は閑散としていた。 






     CIMG0534 縮小版
      展示会場の一角



           CIMG0537 縮小版
           表装で馬子にも衣装(中央 衛藤書)
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。