スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

雑誌「現場主義」2号発刊

 雑誌「現場主義」第2号が発刊された。2012年1月の創刊号発刊以来8ヶ月後の2号発刊である。独立型社会福祉士実践全国研究集会が9月29日・30日に開催され、それに合わせて準備をしてきた。創刊号では定価設定をせず協賛金をお願いする形で次号継続の資金を蓄積してきた。第2号からは定価を800円と設定し、売上金による事業の継続を図って行くことにした。

 同研究集会では何冊買って頂けるか、例年参加者が300人位だからせめて100冊は、との期待で当日の発売日を迎えた。会場入り口前にノボリ旗と大きなポスターを掲げ、来場者にチラシを配り購入を呼びかけた。創刊号では全員に配本したので、300冊近くが捌けたが、定価800円となると飛ぶようにとは行かない。それでも2号を待って下さった方も多く、順調に売れ行きを伸ばしていった。

 全国でまだまだ少数ながらも、地域に拘り自立性を保ち利用者本位の姿勢を貫きながら、決して地域から孤立することなく連携の輪を広げて活躍している仲間が確実に存在している。今回の全国研究集会でも、それを確信する仲間からの実践報告がなされた。ややもすると我々は独立型を孤立型と揶揄されるような一面もないではない。研究集会でもそのことが自省を込めて言及される場面もあった。しかし、社会や地域と対峙することを覚悟しながら、それでも柔軟にしなやかに地域関係者と連携を築いてきた仲間が大勢いる。大きな刺激と今後の道しるべを得た大会であったと思う。

 集会を終え自宅に戻り実績結果を集計。果たして売上は如何に、目標の冊数はクリアーできたのか。

     目標100冊に対し、売上冊数103冊!!!!!

 お求め頂いた皆様に心より感謝申し上げます。まだまだこれから全国の多くの仲間や、社会福祉士のことをご存じないかたまでも含めてこの雑誌を手に取って読んで頂き、社会福祉士が如何に地域に根差した活動をしているか、しようとしているか、したいと念願しているか、それをご理解いただきたいと思いつつ、売上を記録する領収書の綴りを何度も繰っているところである。

 ご購読を希望される方は、
 ①氏名、②送付・請求先(Tel/Faxも)、③冊数を明記の上、下記の者まで
  <北海道・東北担当> 岡田 Fax 0428-23-5575
  <関東担当> 阿藤 Fax 046-254-9161 麓 FAX 0429-78-1249
  <東京担当> 田村 E-mail tamu@mpd.biglobe.ne.jp
  <中部日本担当> 衛藤 E-mail shiro-eto@nifty.com
  <その他> 宮秋 E-mail gongqiu_0722@yahoo.co.jp 



     img003_convert_20121001165024.jpg
       現場主義 第2号



 
スポンサーサイト

トラックバック


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめ【雑誌「現場主義」2号】

 雑誌「現場主義」第2号が発刊された。2012年1月の創刊号発刊以来8ヶ月後の2号発刊である。独立

まとめ【雑誌「現場主義」2号】

 雑誌「現場主義」第2号が発刊された。2012年1月の創刊号発刊以来8ヶ月後の2号発刊である。独立

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。