スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

成年後見連携学習会スタート

 上伊那地区でいよいよ、司法書士・社会福祉士・弁護士が中心となり、成年後見連携学習会がスタートした。9月15日、参加者は24名、予想を大幅に上回る盛況であった。当初予定した伊那市社会福祉協議会会議室では入りきれないことが分かり、急遽別棟のホールをお借りしての開催であった。言いだしっぺの一人として、学習会発足に向け踏み出してみて良かったと思いながら、緊張の中で司会進行を務めさせて頂いた。

 初回学習会の内容は、リーガル・サポート長野支部長戸田雅博氏による講演で、イギリス2005年意思能力法からみた日本の成年後見制度の課題というべきものであり、第1回目の記念すべき学習会を飾るに相応しい内容であった。自己の意思決定になんらかの理由で不自由さを抱える人に関わりを持つ全ての人々が、その人に代わって意思決定を代行しなければならない場面において、持つべき理念・考え方を示す2005年法の5原則を分かりやくすく説明して頂いた。同法が、成年後見制度に関わる人々のみならず、他者の意思決定過程に関わる全ての国民を対象にしているものであることを知って、ある種の衝撃を受けたことは確かである。

 我が国の成年後見制度は制定から12年を迎え、まだまだとは言いながらかなりの実践事例を積み上げてきている。その中で同制度に内在する問題点、それはある意味その立法過程において生まれながらにして持っていた不合理性からくるものとも言えると思うが、それは多くの関係者・団体から問題提起・提言として投げかけられている。それらの課題解決への羅針盤として、イギリス2005年意思能力法・行動指針が大きな意味を持つものであることを認識した次第である。

 格調高き学習会を終え、本日の第二のメインイベントの懇親会がその後持たれた。日本の中の長野県、そのまた一角である上伊那地区に産声を上げた成年後見連携学習会、そこで我が国の成年後見制度が今後進化すべき方向を示唆する羅針盤としての2005年法に触れた。成年後見に関わる全ての人々が定期的に集まり、それぞれが持つ問題意識や悩みまた将来への夢などを共有しあい、地域に根差したそれぞれの活動を支え合う連携学習会になれればいいなあと思いながら、美味しいお酒と料理を堪能しつつ、みんなで大いに語り合った懇親会であった。場所は伊那市内のお店、その店の名は奇しくも「羅針盤」であった。

事務所完成 !!

 やっとこで事務所完成!!

 畑の農作業の物置小屋にしようと思い知人から貰い受けた築17年のログハウス(いやログ小屋)を解体し移築した6畳一間の丸太小屋、それを事務所にしようとその改装に取り組んできたが、やっとほぼ完成した。事務所にするには、お客様をお迎えすることを念頭に置かなければならない。その積りもあって、結構時間を費やした。ので、それなりに、と言いたいところではあるが、果たしてどうだろう。

 看板は既に揚げていることは以前のブログ記事で触れている。その後内装に手をつけてきた。訪れて頂いた方々に寛いで貰うにはどうすればいいか、狭い空間をどうアレンジするか腕のみせどころと言いたいが、そのセンスには程遠いわが身であることは本人が一番承知している。それでも掛けるお金がない以上、自分でやるしかない。理想と現実の食い違いは個性として許して頂こう、と開き直って作ってきた。

 事務所内部より広いウッドデッキ、その周囲を小屋の丸太材より太い丸太で囲んだ手摺、カラマツの分厚い一枚板で作った応接テーブル、壁に作り付けの書棚、すべて手製である。ソファーだけはお値段以上のニトリで買ってきた。夫婦喧嘩をしたときの私の逃げ場として緊急ベッドになるようにという、妻の配慮というか謀略というか、それに押されてこれは手製を避けさせられた。

 いつでも誰でも気軽に立ち寄って貰える、ちょっとお茶しよっと思い浮かべて貰える、そんな小さな穏やかな場になれればいいなあと思いながら、それなりの時間と工夫を費やして作ってきた事務所である。朝朝食を済ませ、行ってきますといって家を出て、歩いて数秒の事務所に通い始めた。



     _6291019 縮小版
     事務所よりひろいウッドデッキと回りを囲む手摺


     _6291015 縮小版
       手製のテーブルとニトリのソファー

     _6291016 縮小版
       手製の書棚

     P5230985 縮小版
       事務所の前に広がる風景  

3職能団体連携成年後見学習会発足

 上伊那地区でも関連職能団体連携の成年後見学習会がスタートすることになった。先日司法書士会リーガルサポート、弁護士会、社会福祉士会にて指導的役割を担っておられる方々に集まって頂き、学習会の大枠について打ち合わせを行った。以前からこの地区でもその必要性が議論され検討されていたが、実際にスタートするには裏方を担う方々の意志の共有が必要である。今回呼びかけに応じて下さった各会の方々は、それぞれの立場で権利擁護活動に長年携わってこられている。その経験と見識がこの一つの学習会で研鑽を深め合い、地域で期待される社会資源の一つに育っていけたらいう思いを共有することができたと思う。

 学習会の大枠を確認し、初回学習会の段取りを決めた。以下の通りでまずはスタートすることになった。
     
     学習会名 上伊那地区成年後見連携学習会
     日時   9月15日(土)  15:30~17:00
     場所   伊那市福祉まちづくりセンター(伊那市山寺298-1)
     テーマ  成年後見に関する事例検討

 打ち合わせの後、駅前の焼き鳥屋「昭和軒」で懇親会を持った。花金の夕方とあって6時過ぎには店内は満席。人気店とは聞いていたが、予約無しでは多人数での席の確保は難しい。味は、評判以上であった。伊那市内の駅前の焼き鳥屋で、地域の権利擁護活動の中心的役割を担っておられる方々と酒を酌み交わす、美味しいお酒であった。今後定例の連携学習会の後持つであろう懇親会で、もっと多くの仲間ともっと美味しいお酒を、・・・・・・楽しみである。

成年後見審判確定 受任1件目

 先日私が後見人候補者となっていた成年後見申立の審判が確定したため、審判確定証明書の入手のため家庭裁判所に出向いた。開業1年目にして初めての受任である。初回報告までの期限は1ヶ月、それまでにやれることは早め早めに処理しよう。

 早速金融機関に届出手続きその他の確認のため家裁訪問後の足で立ち寄った。関係金融機関は全部で4か所あり、今日はそのうち農協とゆうちょ銀行の2ヶ所訪問。審判確定証明書で受付はスムーズに進んだ。数年前までは金融機関での成年後見に関する対応がまちまちで、その対処に苦労したという話を先輩諸氏より聞いていたが、金融機関での制度の浸透が進んでいるのを実感した。

 後日ご本人宅にてご本人夫妻と、市職員、ケアマネジャー、介護提供サービス事業所担当者が集まり、今後の支援に関しケア会議を持つことにしている。またその場でご本人の財産をお預かりすることになる。これまで奥さんがご本人の財産も含めて一家のことをてきぱきと管理されてこられたが、今後は私にご本人のことを託すということになる。奥さんの役割意識を損なうことなく、ご本人や奥さんの希望を十分に汲み取り後見事務の基本方針を確認しようと思っている。まずはご本人と奥さんからの信頼を得ることが重要である。

 

夕焼け小焼け

 畑の野菜への水遣りと草取り作業を小一時間ほど妻と二人で過ごした。域内の有線放送から6時を告げる唱歌が流れ、辺りが薄暗くなりかけてきたことに気付く。夕焼け小焼けで日が暮れて・・・・・・、放送の唱歌は辺りの田んぼや林や森の起伏にこだまして、輪唱のように響き渡ってくる。そろそろ家に帰ろう。

 軽トラックに作業道具を積み込み帰る道すがら、西の辺りが赤く染まっていることに気付く。有線放送の曲そのままの夕焼けである。夕日は既に中央アルプスの向こうに沈み、峰々の上にたなびく雲を燃え立たせその余韻を残そうとしているようだ。

 先日草掻きをした田んぼの傍を通ると、薄闇に沈みつつその稜線から炎を噴き上げているようなアルプスが水面に映っている。普段のままの風景に違いないが、ここでしか見ることのできない普段着の景色である。




     P6050996 縮小版
       燃え立つ夕雲


     P6050993 縮小版
       田んぼに映る夕日
プロフィール

ちろりん村村長

Author:ちろりん村村長
衛藤史朗です。
九州で生まれ、東京でサラリーマンをやっていました。定年とともに信州駒ケ根の地に移り住み、ここを終の棲家として、成年後見活動を柱に地域福祉の増進に貢献する所存です。
趣味は剣道。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。